RSSフィードを取得
RSSフィードを取得

キレイのために美容健康何でも口コミ☆Attention,Please !

美容健康乙女度向上、とにかく何でもかんでもやってみたことを記録するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火にまつわる、にがーい思い出。

タグ:ぼやき お題

夏の花火にまつわる思い出を教えて! - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

と、今度は「花火にまつわる思い出を教えて!」というお題をいただきまして、ふっと最初に思い浮かんでしまった今のだんなさんとの苦いにがーい思い出をちょっぴり、書いてみたいと思います。

思い起こすこと4年ほど前、ちょうど今日、8月2日にあった(ハズ)の淀川花火大会の時のお話(当時はふたりとも大阪で大学生をしておりました)。ふたりとも人ごみが苦手〜、などなどで、ふたりで花火大会に行くのははじめて、という時だったんです。しかもちょうどわたしのお母さまが大阪の一人暮らしをしていた近所にある祖父の家に来ていたので、浴衣の着付けまでやってもらって、なんだか花火大会も浴衣もいろいろうれしくて、わくわくしながら待ち合わせ場所に行ったんです、が、そこから悲劇がはじまりました・・・。

久しぶりに浴衣を着るからちょっと遅くなるかも、と待ち合わせ場所を某カフェにしていたんですが、そこで彼は待ちに待ったそうなんです。わたしが思ったより遅くなったせいで。
それで「遅くなってゴメンナサイ(-人-; )」と素直に謝ったにも関わらず、めちゃめちゃ不機嫌。そしてわたしは慣れない下駄のせいで歩くのがだんだん辛くなってきて、それがまた不機嫌になる原因となって、彼はさらに不機嫌に…。

気まずい空気が流れたまま、不機嫌な彼は言いました。「歩くのしんどいんやったらちょっと休憩してから行くか?」と。不機嫌ながらも気づかってくれてるのかな、と思ったわたしはお言葉に甘えてちょっとだけ…、とカフェでコーヒーを注文。それでご機嫌を取り戻そうと必死に「たぶんちょっと早めに行かないと場所とか悪くなるし、すぐ飲んで行こうね」なんてことを言ったりしてました。
でも彼のご機嫌は斜めどころかどんどん真横を向いていき、「もう行こうよ」と3回くらい言ってやっと思い腰を上げ。そしてまだまだ気まずい雰囲気のまま梅田→十三へ。電車は激混み、わたしは足が痛い…、でさらにさらにご機嫌が悪くなり、だんだんわたしもわけがわからなくなり「なんでそんなに機嫌悪いの?だから早く行こうって行ったんやん」と若干キレ気味に。
そして、十三についたころには二人とも無言。駅も人人人で歩くのもおぼつかないというのに、彼は無言でとにかくさっささっさと歩いて行き、だんだんわたしは追いつけなくなって、改札までたどり着いた頃にはもう姿を見つけることすらできず。。。

せっかく浴衣を着て、ふたりで花火を見るのを楽しみにしていたというのに。もう見つけられず、携帯に電話をかけてもすでに電源が切られているという最悪の状態。

もう諦めよう・・・、とけっきょくひとりで十三からUターンでお家まで帰り電車の中で花火が上がる「ドン!ドン!」という音だけが聞こえて、でも花火は見えないまま、祖父の家に帰り、お母さまには「あら、もう帰ってきたん」と言われ、「喧嘩した」としか言えず、浴衣を脱がせてもらって、そそくさと一人暮らしの家に帰って、グッとガマンし続けていた涙がボロボロ流れて流れてもういやだもうだめだ、とひとり泣いて泣いてふて寝しました。

けっきょく、3日後くらいにお詫びに彼が来ましたが、もう「花火大会」といえばこれしか思い出せないくらい衝撃的で悲しい酷い思い出でございます (´;ω;`)ウッ…
彼も彼でとにかくむしゃくしゃしてわたしを探す気にもなれず、腹が立つから携帯の電源を切って、十三から梅田までひとりで歩いて戻り、電車に乗って帰ったそうですが、なんでこんな人と結婚したのか未だにわかりません(〃・ω・)ゞ
まぁその後もいろいろあったからこそ今があるんですけど、ね。

と、いうわけでわたしの思い出話でゴザイマシタ。
他の方の明るい思い出やいろんな思い出はこちらから見れますので、読んじゃった方はぜひお口直しにご覧ください
みんなの「夏の花火にまつわる思い出を教えて! 」はこちら

いつか思い出の上書きしたいもんです。

<blog調査隊>おもちゃ花火って?
おもちゃ花火 ←Click(今は種類も豊富です!)
夏休み ←Click(計画もちろん立ってるよね!)
アルバイト 大泉学園 ←Click(夏休みにがっつり稼ごう)

コメント
うにこさん、おはようございます。
時々訪問、ありがとうございます。

初めての『花火大会』
緊張もあったでしょう。。。?
しかも慣れない浴衣に「下駄」
あれ、痛いんですよ~。

雰囲気づくりにも
「浴衣」の演出は最高なんだけど
こんな痛くて苦い思い出のある人
意外にいるんじゃないかな…

でも、その彼と
今はちゃんと家庭も築いてらっしゃるようで
一件落着ですね♪

  • berry-berry │
  • URL
  • 2008.08.02
v-22 berry-berryさん

コメントありがとうございます!!
時々お邪魔逃げしててすいません・・・。

そうなんですよ、もうわたしにとって、下駄はもう敵です。
結婚はしたものの、本当にわたしにとっては忘れられない思い出です。。。

ただ確かにそんなトラウマがある方はけっこういそうですねぇ。
なんというか、男の人にはなかなか伝わり難い苦しみだったりしますし、ねぇ。。

ちなみにわたしもあれ以来浴衣来てません・・・。
来たいんですけど、勇気が。。。(;・ω・)

ではでは、またそちらにもまたお邪魔します〜。
  • うにこ │
  • URL
  • 2008.08.02
読ませてもらって少しポロッときてしまいました。
淀川の花火はよく言ってましたよ。
すごい人ですよね。そんなイベントに彼氏と観にいけるなんて羨ましいです。
お互いの気持ちのすれ違いはありますよ。
浴衣に下駄ってすごく可愛いですね。想像しちゃいました。
彼も照れくさかったんだと思いますよ。
でも違った意味で良い思い出になったんじゃないでしょうか。
すごく羨ましいです。

これからも二人仲良く頑張ってくださいね!
  • はじめまして、足跡ありがとうございます。 │
  • URL
  • 2008.08.02
こんばんわぁ!!
若い幹事のするエピソードだぁ♪
ホント足痛くなるよね。。。
私は痛くて泣いて彼氏におんぶしてもらったことが2度くらいw
あははw

応援☆彡
  • sana │
  • URL
  • 2008.08.02
i-262 (わたしが)足跡残し逃げしてしまった方
なんだかこんな超個人的な感じのものを読んでいただいて、しかも感動までしていただいて、ありがとうございます≦( ; ω ; )≧

紆余曲折ありましたが、なんとか仲良くやってます。
なんだかあたたかいメッセージいただけてちょっと報われました…☆.。.: *+・°

i-262 sanaさん
確かに若いからこそ、のエピソードなのかも(〃 ̄ω ̄〃ゞ

それにしても、おんぶしてもらったことが2回もあるなんて羨ましすぎる!!!
  • うにこ │
  • URL
  • 2008.08.04
コメントする
コメントは承認後表示されます。表示までしばらくお待ちください。
トラックバックURL
ワンクリックでトラックバック(FC2ブログユーザーのみ)
トラックバック
うちの人気ものたち
このページの先頭へ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。