RSSフィードを取得
RSSフィードを取得

キレイのために美容健康何でも口コミ☆Attention,Please !

美容健康乙女度向上、とにかく何でもかんでもやってみたことを記録するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ現実から離れてみる話。

タグ:ぼやき 考え方

住みたくなる街 南信州

突然ですが、わたし、田舎暮らしに憧れていたりします。
ただ今将来の生き方模索中なのにもこれが関係していて、ちょっと都会から離れた場所でのんびりしながら必要なお金だけを稼いで、庭先で小さな農園やって(今もうすでにベランダでベランダ菜園やってたりするんですけど)、ゆったりしたペースで生きたいなぁ、というのが夢のひとつで、だからこそ、それを現実にするにはどうしたら良いのかなぁ、ということを考えながらの模索中だったりするのです。

と、なんで突然こんな話をはじめたかというと、南信州 飯田の「結いターン キャリアデザイン室」というサイトを見つけてしまったからなんですけど、ね。えへ。

わたし自身が、ずーっと都会に住み続けているから(福岡→大阪→東京→大阪→東京:今、という流れです)、よけいにそう思うのかもしれないんですが、このサイトのコンテンツのひとつである「語りスト」の方(東京からUターンしてきた方だったり、JAPAN BRANDをここから発信したい!という方だったり)のインタビューページとか読んでいると、うんうん、やっぱりそうだよなぁ、田舎って東京にも大阪にも福岡にもない「日本らしさ」があるよなぁと思ってみたり、南信州には中学生の頃に修学旅行でいったことがあって、それがずっと忘れられなくて、この方たちのインタビューを読んでなんでそんなにこう納得がいくのか、ということを考えてみると「ああそうか、東京ではなかなか感じられない【毎日】を敏感に感じられるからなんだなぁ」と思ったりしたんです。
都会にいると便利だし何かしようと思って手を伸ばすとすぐにそのものが見つかったりするけれど、田舎だとそうはいかない。でもその不便さを楽しいと感じたり不便でゆったりするしかなかったり一生懸命家を守ったりするしかなかったり、そのゆったりしたり守ったりしている中で、都会では気づけない季節感や毎日の変化、時間の流れ、それから人がいることの大切さを感じられるんだよな、と思ったりするんです。
沖縄にも岡山にも愛媛にも兵庫の山奥にも海外にも行ったことがあるんだけど、そういう風に思えるのは南信州だけだったなぁ、とあらためて考えると納得いったんです、なぜか。
たぶんそれは良い意味で南信州が「観光地」ではなくて「人が住む場所」だから、だったり、都会からの距離が適度に離れていたりするから、だったり、思い出の中の南信州がわたしの中で「あったかい人、のんびり過ごしている人、でもちゃんと生きている人」がたくさんいたから、だったりするんじゃないかなぁと思います。

もちろん他にも、「南信州、飯田ならでは」のおいしい高級ドライフルーツ「市田柿」があったり、「世界人形劇フェスティバル」があったり、日本最高峰の自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の南信州ステージになっていたり、と魅力はたくさんあるんですけど、ね。

語りストの方がいう「JAPAN BRANDをここから発信したい!」という思いが本当に叶いそうなところが1番南信州、飯田の良いところなんじゃないかな、なんて思います。

と、語りまくってしまいましたが、南信州、飯田のステキなサイトたちはこちらからご覧いただけますので、ご興味ある方はぜひぜひ見てみてください。

結いターン キャリアデザイン室
ワーキングホリデー飯田

と、いうわけでワーキングホリデー飯田、に後ろ髪をひかれつつ、夢実現のために日々がんばりたいです。


コメント
こんにちわぁ!!
親が田舎暮らしに転向しましたw

ホント田舎でびっくりしましたぁ♪
あははw

応援☆彡
  • sana │
  • URL
  • 2008.07.04
v-22 sanaさん
うらやましいー!!
一刻もはやく田舎~、な場所に行きたい派なので、そんな実家ができたこともうらやましいです・・・ヽ(´∀`。)ノ
  • うにこ │
  • URL
  • 2008.07.05
コメントする
コメントは承認後表示されます。表示までしばらくお待ちください。
トラックバックURL
ワンクリックでトラックバック(FC2ブログユーザーのみ)
トラックバック
うちの人気ものたち
このページの先頭へ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。