RSSフィードを取得
RSSフィードを取得

キレイのために美容健康何でも口コミ☆Attention,Please !

美容健康乙女度向上、とにかく何でもかんでもやってみたことを記録するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『つぶの法則』 読んだ見たレポート

タグ:考え方 ぼやき 読んだ見たレポート

なんだかんだと近頃こんな本ばかり読んでるのはなぜなんだろう…、なんて思ったりもするものの。
この本も前に紹介した本もたぶん、今わたしが考えたりしていることをまとめてくれたり「なんでなんだろう…」と思っていることを教えてくれたり、なんていう「ご縁」があって、それでなんでだか読んでしまっているんだろうなぁ・・・、と思ったので、またもやレポートしてみることにしました。

と、いうわけで今回読んでみた本は『つぶの法則』という本で、

「運がいい」「ツイテル」ってなんだろう。
幸せになりたい人、難病を克服したい人、様々な問題を抱えている人へ、万物の法則である「つぶの法則」を知り、幸運をつかむ方法をイラストを交えて解説します。

という、本当にとてもシンプルで本当にわかりやすくて、「あ、そうか。うん、確かに」といういろんなことに納得できる、とても当たり前のことなのだけれど、でもそれについてちゃんと考えてみる機会が少ないことを、「つぶ」という概念で考えてみましょう、という本でゴザイマス。

ほとんどがイラストを主にして説明、解説してくれているので、そんなに難しく考える必要もなくて、だからこそたぶんすんなり受け入れやすい本なんだなぁ・・・、と1時間足らずで読み切った後、しみじみいろいろ考える余裕を残してくれる本でもありました。

と、いうわけでちょこっと中身にも触れちゃうレポートにいってみたいと思いますので、これまた毎度のことながら「読んでからにしたい!」という方は、ご注意くださいね。

そんなこんなで読んでみていろいろ納得がいったところや「あ、確かにそうとらえたらその通りだ」と目からウロコだったところをちょびっとだけご紹介しつつ、感想を書いてみたいと思います。

ではでは、さっそく。
まず、わたしが1番最初になるほど、と思ったことが、この「つぶ」の法則という考え方自体だったのです、実は。
というのも、本の中では、「人間誰もがつぶが自分のまわりにパラパラついていて、それがすごく広い範囲にひろがっていたり、自分の手の届く範囲に密集していたり、そのつぶがネガティブなもので力が弱かったりはつらつとしていて元気なものだったりいろいろで、そのつぶは日々いろいろなものに影響を受けながら変化をし続けているもの」という風に定義されているのですが、まったくその通りだなぁと思えたことがいくつもあって。

たとえば、最近よく言われる「オーラ」や「気」と同じようなものでもあるのだけれど、自分の努力次第ではその「つぶ」はどんどん良い方向にも向かえるし、自分が行動を起こさなかったらその力がどんどん弱っていく→「なんだか元気が出ない…」になっていったりする、ということ。
それを代弁するみたいにある日本語、「病は気から」、という言葉。「なんだかダメな気がする、なんだか元気が出ない気がする・・・」ともやもやしていたものをそのまま放っておくと、いつの間にか風邪をひきやすくなったり倒れちゃったりした経験が多々あるので、自分に反省してしまったこと。
それから「いろんなところにアンテナを張り巡らせていて、万遍なく押さえている人」と「あるひとつのことに対して1本濃い筋がある人」のその違いとメリットやデメリットのこと。
あと、自分を置いている環境でも自然や言葉、電磁波、人、家、本当にいろいろなものによって、自分が知らない間にどんどん考え方や感覚が変わっていくことなどなど。。。

たしかに、うん、そうだなぁ、ということが他にもたくさんあって、それを「つぶ」という軸で見たら、すごく自分のことをシンプルに、冷静に考えられるような気がしました。
というか、ちょうどこれを読んだ時に「うわーもう頭パンパンでどこから手をつけていいのかわからない〜(>_<)」とダレダレになってたところだったのですが、これをパラパラと読んでいくうちにだんだんすっきりしてきたので、「イラストで見せて、ほとんど言葉がない」という見せ方をしてくれているおかげで、ちゃんと考えながら読めて、冷静になれる余裕をくれる本だなぁ・・・、としみじみ感激してしまいました。

と、いうわけでわたしの個人的な感想はこんなところです。
この「つぶ」を軸に冷静に物事を見ていったら、自分がどうすれば「持ち上がる」のかがよく「理解できる」本だったので、モヤモヤっとしたものがなんだかとれない…、という方にはぜひオススメしたいです。
本当に読むのに1時間もかからないので、パラッとめくって何度も振り返ってみることもできるのがこれまたうれしいところでゴザイマシタ。

もしご興味のある方はぜひ1回騙されたと思って読んでみてください。
わたしも最初は本に手が伸びるまで時間がかかったのですが(^▽^;)、でも読んでみたらすっきり爽快でした♪
あと、あんまり大きな声で言っちゃダメかも、ですが、本の食わず嫌いはやっぱりしちゃいけないなぁとけっこう本気で感じてしまった本でもありました、わたしにとって・・・(〃 ̄ω ̄〃)ゞ

この「つぶ」を自分の中で1つの軸として持てたら、けっこう楽になれるところもあるだろうなぁ、とも思います、よ。


コメント
こんばんわぁ!!
レビュー見てて、よみたくなったよぉぉ。
良さそう♪
応援☆彡
  • sana │
  • URL
  • 2008.11.10
最近、めっきり本は読んでないです・・・
たまには読書もしないとなと思いました。
病は気から、何でも気の持ちようですよね。
  • のりぞう │
  • URL
  • 2008.11.11
i-273 sanaさん

ほんとに良かったよ、原点に立ち戻る感じで。
ちょっと見た感じが怪しげ…?だから遠巻きに
しちゃってたんだけど、ものっすごくすんなり入るので、
ほんとに読んでみて〜(*,,・`ω´・*)b

i-273 のりぞうさん

ほんとに、「気の持ちようって大事だなぁ」ていうのを
ひしひしと感じられる本でした。
読書!って言っちゃうほど大変でもないし、ほんとに
イラストが主になってるので、1時間もかからないで
読めちゃうので、良かったら読んでみてください!
  • うにこ │
  • URL
  • 2008.11.14
コメントする
コメントは承認後表示されます。表示までしばらくお待ちください。
トラックバックURL
ワンクリックでトラックバック(FC2ブログユーザーのみ)
トラックバック
うちの人気ものたち
このページの先頭へ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。