RSSフィードを取得
RSSフィードを取得

キレイのために美容健康何でも口コミ☆Attention,Please !

美容健康乙女度向上、とにかく何でもかんでもやってみたことを記録するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つんく♂さんの『一番になる人』 読んだ見たレポート

タグ:読んだ見たレポート ぼやき 仕事 考え方

一番になる人

立て続けにやってみてます、読んだ見たレポート。
今回はなぜ?と自分でも思ってしまった、『一番になる人』でゴザイマス。
何を隠そう、著者はつんく♂さん
なぜ?と自分で思ってしまったのはそこにあるのですが…。

この人はいったい何がしたいんだろう、と(良い意味でも悪い意味でも)近頃とてもよく思う方で、なんとなく気になって手に取ってしまったのかなぁ、と思うところ、なのですが。

でも、読んでみて「あぁ、なるほど」ととても共感できる部分や理解できる部分がありつつ、ちょっと初心に戻りたい時にパラパラめくるのに良い本のような気がする、ととても思ったので、ご紹介の意味も込めて、ちょっとレポートしてみたいと思います。

ちょびっと中身にも触れてますので、読んでから見る!という方はご注意ください〜。

一番になる人

と、いうわけで。
さっそく読んでみた感想なのですが、何に共感して何に納得したのか、というお話なのですが。

まずつんく♂さんという人が「普通の人で、努力をしてきた人」であることで、そんな中でいろいろなことに挑戦してきた人なんだなぁ、ということ。
それから、この思いや気持ちを伝えることが、なかなかできなかった人なのかもなぁ・・・、ということ、でした。

というのも、ちょっとイメージが悪かったのですよ。
近頃この方がプロデュースした人たちが見事なまでにいろいろな騒ぎを起こしていたりして、すごくイメージが悪かったのですよ、実は。だからこそちょっと読んでみようかな、と思っていたのですが・・・。
シャ乱Qの時から知っているから、どんどん周りを置いていって、この人何がしたいんだろう、とか、ちょっと人に対する思いやりがあんまりないんじゃないのかなぁ、とか、そんないろんな思いも混じりつつ、で。

でも読んでみて、本当に普通の人が小さな時からいろんな人の影響を受けて、自分でも勉強をして、努力して、やっとここまできた人なんだなぁという過程がわかって、今でもずっと勉強し続けていて、いろんなことに挑戦していこうとしている人なんだなぁということがひしひしと伝わってきて、ただ「普通の男の人」だったから、不器用なやり方をしてしまって時には失敗もしたんだろうなぁといういろんなことも想像できて、ちょっと、つんく♂さん、というの見方が変わりました。
特に印象的だったことがこの辺り。

「太陽とシスコムーン」という僕がプロデュースしたグループに信田美帆という、体操の元オリンピック日本代表選手がいました。
<中略>
そんな彼女の歌のレッスンをしている最中、僕は例を出して説明することにしました。「あるプレーを百回、二百回と練習して、それでもできなくて、三百回やって初めてできることもあるやろ。そこまでいったら、十回に一回はできるようになって、それが五回に一回、二回に一回、そして、十回に八回、九回と腕を上げていき、あきらめないで練習しているといずれは十回やって十回できるようになる。そういう経験ないか?」僕が語り終えると、他の三人のメンバーがうなずいているなか、信田だけポカンとしている。
<中略>
「私、三回くらい練習したら、たいていの技はすぐにできちゃったんですよ」
なるほど、もとから才能のある人は、こういうものなのかもしれません。・・・

というあたり。
他にも、モーニング娘。のレコーディング中にミスチルのメンバーに出くわしてモーニング娘。が大ブレイクしていた最中だったのに、彼らは活動休止をしていて海外にいた桜井さんはその事実を知らず、桜井さんから「最近何してんの?」と言われてしまったところなどなど、印象に残るエピソードが多々あったのですが。
いかに自分のことを「凡人」だと自覚して、負けるもんかでやってきた人なんだなぁ、と。ちょっと言い方を変えてしまうと「コンプレックス」も抱いていたからこそ努力をしてきたんだなぁということが強く感じられたことが多々ありました。

それから、そんな「努力してきた男の人」だからこそ、負けるもんかで努力してけれど、うまくいかないこともあったんだろうなぁ、ということが想像できたりもしまして。と今まで見てきて「この人、なんなんだろう…?」と思っていたモヤモヤした部分に理解ができて、なるほどなぁ・・・と納得できたと思います。

それから、そんな「自分を凡人だと思っている」つんく♂さんだからこそ、自分が何かに迷っている時に、初心にかえるために読んでも良いなぁ、と思う、関西出身のわたしとしては「人として、努力する人として当たり前のこと」がたくさんちりばめられていて、その時その時の自分と比べながら、あぁそうだった、これを忘れてたんだ、ということがいつも発見できるような内容なので、「関西人ならではの人間臭さ」を噛み締めつつ、自分を戒めることもできる内容になっているとも思います。
もしかしたら、関西出身ではない人にとっては「こんなことするの!?」という驚きもあるかもしれない、とも思うのですが、できることなら、わたしの個人的な願望としては、こんな心意気に共感して、こんな心意気で生きる人がひとりでも多く増えたら良いなぁ・・・、という風にすごく思います。

そんなわけで、もし良かったら1回読んでみてください。
きっと、本当に基本的な気持ちや考え方を見直したり、気づいたり、納得したり共感したり、いろんな気持ちを感じられると思います。

一番になる人

コメント
コメントする
コメントは承認後表示されます。表示までしばらくお待ちください。
トラックバックURL
ワンクリックでトラックバック(FC2ブログユーザーのみ)
トラックバック
うちの人気ものたち
このページの先頭へ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。