RSSフィードを取得
RSSフィードを取得

キレイのために美容健康何でも口コミ☆Attention,Please !

美容健康乙女度向上、とにかく何でもかんでもやってみたことを記録するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もう、不満は言わない』 読んだ見たレポート

タグ:読んだ見たレポート ぼやき 考え方

もう、不満は言わない

今回は『もう、不満は言わない』という本でして。
これはとある教会の牧師であるウィル・ボウエンさんという方が、「不平不満を言わないようになれば、良いことがたくさん起きるはずだ」という発想から、紫色のブレスレットを配って、人々に「自分が不平不満を口にしていることに気づいたら、このブレスレットをもう一方の手にはめ換えてください。そして21日間ブレスレットをはめ換えずにいられた時には必ず大きな変化が起こるはずです」と呼びかけた、という、実際に世界中で600万人の人がこの運動を行っている、という、「なんだかすごい・・・」と迫力に負けてしまいそう、なんてことを思ってしまった本だったのですが、それが逆に興味津々になってしまって、手に取ってしまった本、だったりします。

もう、不満は言わない バンド

ただ、紫のバンドをつけて21日間、不平不満を言わない、というだけのシンプルなこのやり方、ではあるものの、普通だったら「不平不満があるから口に出してしまう」と考えるけれど、そうではなくて「不平不満を言わないから嫌なことが起こらない」という考え方をしてみる、ちょっとだけ「本当に?」と思ってしまうようなことだったので、興味津々に思ってしまったところもありまして。早々にバンドもこっそりもらってしまいました(〃・ω・)ゞ
ちょっとはめるのが恥ずかしくてどうしよう・・・、なんて思ってしまってるのですが。。。※帯についてる応募券を貼ってハガキを送るともらえるのです

とにもかくにも、バンドはつけられなかったものの、別な方法でちょっとだけ試してみたのですが、うーーわ、ということになってしまったりして。いろんなことを思い、考えたのでレポート、してみます。
読んでからにする!という方はこの先はちょっと内容に入ってしまってるので、読んでから、一緒に読んでみてもらえたりするとうれしいです。

もう、不満は言わない

さてさて、さっそくですが。
この本は本当に自分自身を「不満を言わない」ことで変えていきましょう、というとてもシンプルな本なのですが、なんでこんな考えに至ったのか、実際にやってみた様々な方のエピソードなどなどが盛り込まれた内容になっていて、すごく説得力があって、なるほどなぁ・・・、と改めて納得してしまう部分がたくさんありました。

と、いうのもわたし自身、この本に出会う前から「不満とか愚痴とか言ったってどうにもならないんだから、そんなこと言う前にそれに対してどうしていくか、考えようよ」という考え方を意識的にしていて、「大丈夫?」と言われても「大丈夫!」という言い方をするか「まぁなんとかなります、というかします」という言い方をする、とか、少し困った人がいたとしても「この人はこういう人だから、自分にできることを考えよう」とか、困った人とそんなに付き合う必要がなければできる限りその人に近づかないようにしていこう(だって負のオーラに巻き込まれたら自分自身が困ることになってしまうんだから)、という風に考えてきていて、誰かに愚痴を言われても、「でもこうじゃないですか〜??」なんて冗談で返したりしていたところがあって。
たぶん、この考え方のモトはアメリカ文学が大好きなわたしの母で、そういう風に教育されてきてた、ということにこの本を読んではじめて気づいたんですよ、「あぁー!」と。
だからこそまったく抵抗なく読めたのですが、1つだけ盲点があったことに気づきました。

それが、「自分自身ができないことに対して悔しいとか自分に腹が立つとかもういや!と思っていることに対してはものすごく口に出しちゃってた・・・」ということだったんですが。

近頃、ちょうどいろんな決断をする機会が多くて、自分では前向きに決断して、実行に移していたつもりだったのですが、思ったように進まないことがあんまりにも多くて、だんなさんに「もう自分が情けない・・・」とかそんなことを頻繁に口に出しちゃってたんですよ。
それでその結果、2ヶ月連続で高熱出すは微熱は続くは情緒不安定だわでなんだかむちゃくちゃだったんですけど、「もしやこれはこれが原因だったのか・・・?」とすんごく思えてしまって、この本にこのタイミングで出会えて良かった…、と思う反面、自分自身になんでそんなに期待し過ぎてるのよ、なんていう反省もしてしまったんですが、読んだ限りは1回やってみないと気が済まないワタクシなので、ちょっとバンドは恥ずかしいけれど、そのかわりに結婚指輪をはめかえる、という方法で試してみたところ、見事、だんなさんが家に帰ってきた瞬間にはめかえ決定。になってしまいまして。
うがーー、とまぁショック受けました(^▽^;)

でも、こういう風に意識して「ネガティブなことは口にしない、頭で考えて理性で止める」ということを1週間ほど実行してみたところ、ちょっとした変化を感じることができたので、そこら辺についてちょこっとだけ。

と、いうのも、わたしの場合は人に不満を言うことはなくても組織や集団に不満を持つことが多いことに気づき(…(´ヘ`;)う〜ん)、それから、自分自身にムキー!!と思うことをやめて、理性で許してあげることにしてみたら、ちょっとずつ、ちょっとずつ、ではありますが、自分に余裕が出てきたような気がします。
ずっとできないと思っていた朝起き生活が(今まで完全に夜型だったのに)すっとできるようになったり、だんなさんに対してもどうもやさしくなったようで(?)、だんなさんから「ありがとう」と言われることが増えたかも、とも感じてます。

この本の中で言っていた、「不平不満を言わないから嫌なことが起こらない」というのは、こういうことだったのかな、とちょっと実感できた上、いかに自分に厳しく理想も高くやっちゃっていたんだろう、ということがとっっっっっってもよくわかったので、すごく良い気分です。
なんだか「ほんとに・・・?」と疑ってかかってしまうタチなのですが、こういう類いの本では珍しくこの本に出会えて本当に良かったなぁ・・・、としみじみ思えました。

と、いうわけで、騙されたと思って読んで、実行してみたら(←ここ重要です)、何か新しい発見があるかも、と思える本でした。
また時間をあけて、何かに行き詰まってしまうようなことがあったらまたこの本を思い出せるように、自分へのちょっとした覚え書きも込めつつ、できたら1度、読んでみてもらえたらなぁ、と思ってます。

もう、不満は言わない

コメント
コメントする
コメントは承認後表示されます。表示までしばらくお待ちください。
トラックバックURL
ワンクリックでトラックバック(FC2ブログユーザーのみ)
トラックバック
うちの人気ものたち
このページの先頭へ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。